前歯は顏の印象を大きく左右すると言われています。
前歯を失ってしまった時の選択肢で、ブリッチや入れ歯の他にインプラントがあります。
ただ、前歯のインプラントは奥歯に比べて難しいと言われ、条件が揃わないと治療する事が難しくなってしまいます。

なぜ前歯のインプラントは難しいと言われるのでしょうか?
難しいと言われる前歯のインプラントの注意点と長所と短所の比較についてまとめてみました。

【前歯のインプラント2つのポイント】

ポイント①上顎の骨の量

上顎は下顎に比べて骨の量が少ないと言われています。
インプラントを支えるには、十分な骨の量が必要になってくるので、骨が少ないとインプラントがしっかりと定着しないなどのトラブルになってしまう事があります。

また、歯が無い期間はだんだん骨が痩せていってしまうので、歯が無い期間が長い事でインプラント治療をする難易度が上がってしまいます。

このように元々骨の量が少なく、インプラントを希望する患者さんの上の前歯の骨の量は少ない傾向にある為、前歯のインプラントは難しいと言われる原因になっています。

ポイント②上の前歯は目立ってしまう

前歯の中でも前から左右に3番目までの6本の歯は特に目立ちやすいと言われています。
この6本の歯はスマイルラインを決めると言われ、顏の印象を大きく左右します。

スマイルラインとは笑った時に下唇が描く曲線で、上の前歯がその曲線に沿っていると審美的に美しい歯並びと言われています。

上の前歯は、見た目にもこだわらないと、治療した時の満足度が上がらず、歯の色、形、インプラントの土台となるアバットメントの材料など細部に注意をする必要があります。

特にインプラントの土台となるアバットメントはチタンの素材だと、歯ぐきが下がってしまった時に黒ずんで見える原因になってしまいます。

そういった事が起きない為に、金属を使用しないジルコニアの土台を選択する事が出来る歯科医院も増えてきているので、前歯のインプラントの治療をする時には確認しておくと安心です。

 【前歯のインプラントの長所】

〈審美性に優れている〉

部分的な入れ歯の場合は、失った歯の周辺にばねをかける必要があり、入れ歯を入れている事が周りの人に分かってしまい、見た目が気になってしまう患者さんも少なくありません。

インプラントならインプラントを埋め込んだ上に被せ物をする事で、自然な形で治療する事が出来ますし、被せ物もセラミックなどの透明感があり、変色も無い素材で作製する事が出来るので満足度が高いです。

〈周囲の歯に負担をかけない〉

ブリッチで歯を失った所を補うには、左右の歯に橋渡しをする形になります。
左右の歯を削らなければいけませんし、3本の歯を2本で支える事によって左右の歯に負担がかかってきてしまいます。

インプラントなら失った所だけで治療する事が出来るので、周りの歯に負担がかからず寿命を縮めてしまう事無く治療する事ができます。

〈話がしやすい〉

部分入れ歯にすると、空気がもれやすかったり、発音しにくいという事があります。
人前に仕事をする人や話をする機会が多い人は見た目のばねの問題はもちろんですが、機能的に発音しにくい事でストレスになってしまう事があります。

インプラントにすると今までと同じ様に発音する事が出来ますし、空気がもれるという事も少なく、快適に使用する事が出来ます。

【前歯のインプラントの短所】

〈顎の骨の量が必要〉

インプラントを支える骨の量が上顎は元々少ない為、更に歯を失った期間が長いと骨が痩せてインプラント治療自体が出来ない事があります。

お口の状況によっては骨移植などをして、骨の量を増やしてから治療する事が出来る場合もありますが、費用もかかりますし、限界もあります。

誰でも受ける事が出来ない点もインプラントの短所と言えます。

【前歯のインプラントの注意点】

注意点① 前歯のインプラントの症例が多い医院を選ぶ

お口の中や骨の状態は一人一人違ってきます。
その患者さんのお口の状態に合わせてインプラントを入れていく必要があります。

沢山の経験のある先生に治療してもらった方が、色々な対応をしてきているので安心して治療を受ける事ができます。

注意点② 歯の無い期間を少なくする

歯を失ったままにしておくと骨が痩せる原因になってしまいます。
インプラント治療を考えている場合には特に、骨が痩せない為にも早めに治療を開始する様にしましょう。

注意点③ 補償があるか?

何かトラブルがあった際には補償で対応してくれるか初めに確認しておきましょう。
10年保証や5年保証など歯科医院によって保障内容は変わってくるので、あまり保証期間が短い所は避けた方が安心です。

最近では歯を失った際の選択肢が増えてきましたが、長所や短所を比較した上で、どの様な治療にするか、また現在のお口の状態だとどの様な治療が出来るか相談して治療していくと安心です。

また、歯が無い期間を作ってしまうとその後の治療に影響を与えてしまう事もあるので、
出来るだけ早めに治療して快適なお口の環境で過ごす事をお薦めします。