食事をする際にかかる噛む力はとても大きな力がかかっています。
その力を支えている奥歯はとても大切です。
そんな奥歯を失った治療の選択肢として、インプラントが選択される様になってきました。
それでは奥歯のインプラントをする際にはどの様な事を注意したら良いのでしょう?
気になる奥歯のインプラントの注意点や長所や短所についてご紹介します。

【奥歯のインプラントの注意点】

〈インプラントの本数や種類〉

奥歯は食事をする際に重要な役割を果たします。
大きな力が加わってくるので、失った所にインプラントをして力を分散させていきます。
1本にかかる負担を減らしてあげるには、失った本数と同じ本数のインプラントを埋め込んでいくと1本当たりにかかる力が減って負担は少なくなります。

ただ骨の状態やインプラントの種類によって本数が変わってくる場合もあるので、治療計画を立てる際にしっかりと相談しましょう。

〈奥歯のインプラントの費用〉

インプラントの費用は保険外の治療なので、歯科医院ごとに価格が異なってきます。
また最初に提示された金額だけの歯科医院もありますし、他に被せ物の料金は別になってくる所もあります。
あらかじめ詳細を確認しておくと、思っていた金額と違ったという心配も無くおすすめです。

奥歯は失った数が多いと本数も多くなってくる傾向があるので、特に注意が必要です。

またインプラント治療は長持ちさせる為に定期的にメインテナンスで通う事が大切になってくるので、治療後にかかるメインテナンスの料金も確認しておくと安心です。

〈前歯に比べて機能性を重視〉

歯を失ってしまった期間が長いと、骨がだんだん痩せていって少なくなってしまいます。
十分な骨の量があれば、以前と同じ形でインプラントの上に被せ物を作っていく事が出来るのですが、骨が痩せてしまっている場合には少し形が変わる事があります。
その際に、以前に比べて物が挟まりやすくなってしまったり、頬を噛んでしまうといった事が出てくる場合があります。

インプラントをする事でしっかりと噛めて快適に食事をする事が出来る様になる事でメリットが多くありますが、骨の量が少なめかどうかは確認して、このような事が起きそうか確認しておくと良いでしょう。

【奥歯のインプラントの長所】

ポイント① 他の歯に負担をかけない

ブリッチは前後の歯を削って橋渡ししていくので、歯を削らなければならない事、3本分を2本で支えなければならない事で他の歯に負担がかかってきてしまいます。

また、部分的な入れ歯もばねをかけて歯を失った部分を補うので、他の歯に負担がかかってしまいます。

ですが、インプラントは歯を失った所に人工歯根を埋め込んでその上に被せ物をしていく治療です。
なので、治療の際に他の歯の力を使わずにインプラントだけで失った所を補う事が出来ます。

ポイント②しっかりと噛める様になる

インプラントの大きなメリットはしっかりと噛めて快適に食事が出来る様になる事です。

部分的な入れ歯の場合には固定式では無い為、どうしても以前に比べ安定感が少なく、食事の際にしっかりと噛みにくいという事があります。
お口の状況にもよりますが、歯があった頃より30%~40%の機能の回復と言われています。

またブリッチの場合には、固定式で安定感はありますが、3本分を2本で支えているので、
支えている歯の状態によりますが、歯があった頃より約60%の機能の回復と言われています。

インプラントは歯があった頃と同じ程度まで噛む機能を回復する事が出来て、見た目もばね等が見える事無く、自然な白い被せ物を入れる事が出来て審美性にも優れていると言えます。

【奥歯のインプラントの短所】

ポイント①治療期間が長い

インプラントは外科治療なので、インプラントを埋め込んで骨にしっかりと定着するまで個人差はありますが3か月~6か月程度期間を置きます。
その間毎週毎週通うわけでは無いので、通う回数は多いというわけではありませんが、治療が完了するまでに一定期間治療期間が必要になってきます。

ポイント②費用がかかる

インプラントは保険の中で治療ができる入れ歯やブリッチに比べて費用がかかってきます。
しっかりと噛める様になったり、見た目も自然で審美性に優れている事はありますが、1本20万~30万円程度かかる所が多くなっています。
都心部は少し費用が高くなったり、地方では少し価格が下がったりと歯科医院ごとに料金が異なってくる為、HP等で確認しておくと安心です。

【まとめ】
奥歯は毎回の食事で使う大切な部分です。
しっかりと噛めるという事は食事をする上でも消化に良いですし、脳に刺激を与えてくれるので、認知症のリスクも少なくなると言われています。

全身の状態にも関係してくるお口の中は、
しっかりと治療して快適な状態にする事で生活の質も変わってきます。

歯を失った場合で、奥歯のインプラント治療を考える際には長所と短所を比較して、カウンセリング等でしっかり相談する事をおすすめします。