インプラントと入れ歯・ブリッチの比較

歯を失った時にはいくつか選択肢があります。
以前は保険の中で治療をする事が一般的だったので、入れ歯やブリッチを選択する事が多かったのですが、最近では保険外のインプラント治療を選ぶ患者さんも増えてきました。

ただインプラント治療にはどの様なメリット・デメリットがあるのでしょうか?
入れ歯・ブリッチと比較してみましたので、治療を検討する時の参考にしてみてくださいね。

【各治療法について】

① インプラントの治療法

・インプラントは、歯を失ってしまった所に人工歯根を埋め込んで、歯の根の役割をしてその上に被せ物の差し歯をつくっていく治療です。
・骨の中に人工歯根を埋め込んでいくので、外科的手術が必要な治療になっています。
・基本的に固定式で取り外しの必要がありません。
・保険外の治療なので、歯科医院によって料金が変わってきます。

② ブリッチ

・ブリッチは歯を失ってしまった所の左右の歯を削って、橋渡しをして歯が無い所を補う治療です。
・3本分を2本で支えるので、左右の歯に負担がかかってしまいます。
・固定式で取り外す事無く使用する事が出来ます。
・材質を選ばなければ、保険の中で治療する事が出来ます。

③ 部分入れ歯

・部分入れ歯は歯を失った所を補う為に、他の歯にばねをかけて使用する治療法です。
・ばねをかけるので、入れ歯を入れている事が他の人に分かってしまう事が多いです。
・取り外し式なので、安定感が劣ってしまいます。
・寝る時に外したり、歯ぐきとの間にものが挟まりやすく、外して清掃しなくてはいけない事があります。

【インプラントと入れ歯・ブリッチの比較】

1、噛む力

インプラントの大きなメリットは他の歯に負担をかける事無く、しっかりと噛む事が出来る様になる点です。

部分入れ歯は固定式では無いので安定感が少なく、硬い物などを噛む事は難しくなってしまいます。

ブリッチは固定式ですが、3本分を2本の歯で支えるので、他の歯に負担がかかってきますし、歯があった時の状態より噛む力は劣ってしまいます。

インプラントは他の治療に比べ、歯を失った時とかなり近い状態で食事をする事が出来る様になります。

2、見た目

インプラント治療は人工歯の素材を自由に選ぶ事が出来るので、セラミックの素材を選ぶ事が出来ます。
セラミックは、変色する事も無く、色も自然で見た目の満足度の高い治療です。

ブリッチは保険の中だと、奥歯では銀歯になってしまって存在感があり、気になってしまう方が多いです。
また、前歯でも歯科用プラスチックの素材を使用するので、長い期間をかけると黄ばんだ様に変色してきてしまいます。

そして部分入れ歯は、ばねが金属なので、目立ってしまい、見た目が気になってしまう方が多いです。

3、骨の吸収

歯の根がある事によって骨に刺激が伝わり、骨の吸収を防ぐ効果があります。
ブリッチ・入れ歯は歯の根の部分が無くなってしまう為、骨の吸収が少しずつ進んでしまいます。

インプラント治療は骨の中に人工歯根を埋め込んで刺激を与えているので、骨の吸収を防いでくれる治療と言えます。

4、費用

インプラントは基本的には、保険外の治療なので、歯科医院ごとに価格が異なってきますが、平均して、1本30万円~40万円程度の歯科医院が多いです。

ブリッチや入れ歯は保険の中で治療する事が出来るので、ブリッチは3割負担で数千円程度、全体的な入れ歯の場合でも1万円程度で治療する事が可能です。

5、治療期間

インプラントは外科的な治療で骨とインプラントがしっかりと定着する期間を3か月~6か月おく事もあり、治療期間が長い事があります。

定着を待つ間毎週通う事はありませんが、ブリッチや入れ歯と比較すると治療期間や治療回数は増えてきてしまいます。

ブリッチですと、早い場合では3回程度でブリッチを被せる事ができます。

6、違和感

インプラントやブリッチは固定式なので違和感が少ない治療です。
それに比べると入れ歯は安定感が少なく、動きやすい為違和感が多い事があります。
また熱を感じにくかったり、味覚に影響してしまうなど、のデメリットもあります。

そして、入れ歯が強く当たってしまうと、歯ぐきに痛みがでてしまったりする事があります。

7、治療する為の条件

インプラントは人工歯根を埋め込んで、歯の根の変わりにする為、骨の量が十分でないと治療する事ができません。
骨移植などの治療で骨の量を増やす事も出来ますが、限界もあります。

また、全身疾患がある場合にも治療をする事が出来ない場合があるので、かかりつけの医師との連携が必要な場合があります。
ブリッチは左右の歯で橋渡しをするので、失った歯の本数が多い場合には治療する事が出来ない場合があります。

入れ歯はどの様な方でも治療する事が出来ます。

【インプラントと入れ歯・ブリッチの比較まとめ】

どの様な治療でもメリット・デメリットがあります。
インプラントは骨が少ない状態になってしまうと治療自体が難しくなってしまう事もあります。

歯が無い状態が続いてしまうと骨が少なくなる原因にもなってしまうので、インプラント治療が気になった場合には早めに歯科医院で相談する事をおススメします。

ご自身で最適な治療法を選択して快適なお口の環境を手に入れてくださいね。