格安インプラントの注意点とは

インプラント治療は基本的に保険外の自費治療なので、歯科医院ごとに価格が異なってきます。
保険外なので、価格が高くなってしまう事がデメリットでもあり、出来るだけ費用を抑えたいと思う患者さんも少なくありません。

ただ、インプラントの平均的な価格は約30万円程度と言われ、そこから大幅に安い金額のインプラントの場合には注意が必要です。

では具体的にどの様な事に注意をしたら良いか詳しくご説明します。

【表示された金額以外に費用がかかる?】

歯科医院の中には10万円でインプラント治療が出来ると掲げている所もあります。
平均的な金額が30万円の中でこの金額はかなり安い金額になります。

ただ、この費用以外に色々な金額が別にかかってくる事があるので、注意が必要です。

通常、30万円程度の価格の場合には検査代、インプラント、仮歯、人工歯、などの料金が含まれている事が多いのですが、10万円程度の価格の場合にはインプラント体だけの場合があります。

その他に検査代、人工歯、仮歯などの金額がかかってくると、トータルの金額が高くなってしまう事があります。

インプラントの価格に含まれているものは何かをあらかじめ確認しておくと安心です。

【主流では無いインプラントメーカー】

インプラントメーカーは日本だけでも30種類程度流通していると言われています。
この中でも世界で普及していて、多く使われているものは数種類になります。

あまり流通していないインプラントメーカーは安価で、歴史が少ない事があります。
実績が少ないと治療後の症例も少なく、不安材料になってしまいます。
実績のある世界でも多く使用されているインプラントメーカーかどうか確認しておくと良いでしょう。

〈治療後の不安〉

また、主流では無いインプラントメーカーでは治療後に心配な事もあります。
転居などでかかりつけの歯科医院にずっと通い続ける事が出来なくなった場合にメインテナンスしにくい事があります。

インプラントのメインテナンスは、人工歯を取り外して中を確認する事もあるのですが、メーカーが違うとねじや機材が変わってきて外す事が出来ません。

一般的に普及しているインプラントメーカーか確認しておくと安心でおすすめです。

【保証期間が設けられているかどうか?】

インプラントはメインテナンスをして、自宅でお口の中の汚れをしっかりとケアしてあげると、長く使用する事が出来る治療です。

ただ骨の状態や使用の仕方などで不具合が生じてしまう事も考えられます。

そんな時に、10年保証を付けている歯科医院ですと、保証の中で治療をしてくれたり、対策をしてくれるので安心です。

格安のインプラントは保証期間を設けていない可能性があるので、確認して置いた方が良いでしょう。

また、補償があった場合にも、必ず定期的にメインテンスを歯科医院で確認する事という条件が付いている場合もあるので、治療後もしっかりとケアをしておかないと補償の対象にならない場合もあるので、注意しましょう。

【十分な検査やカウンセリング】

〈十分な検査が行われているか?〉

インプラント治療は歯科用のレントゲンの他に骨の厚みや量を立体的に確認するCT撮影をして確認する事がほとんどですが、格安のインプラントの場合にはこの歯科用CTの撮影をしていない場合があります。
インプラントは事前にどの場所にインプラントを埋め込むか確認しておく事が重要なので、CT撮影が無い歯科医院は不安が残ります。

その他の判断材料として、コンピューターソフトを使用して、どの位置にインプラントを埋め込むかシュミュレーションする事が出来るものを導入している歯科医院もあります。

こちらは、インプラントに力を入れていて、設備投資もしているので、安心して良いと言えるでしょう。

〈十分なカウンセリング〉

格安インプラントは、たくさんの手術をしないと利益にならない事があるので、インプラント手術をする前の治療計画や説明の時間をしっかりと取れない事があります。

気になっている部分の解決する時間や、自分の状態がどの様になっているかなど、今後に関わってくる事も確認出来ずに治療に入ってしまう可能性があるので、始めのカウンセリングが簡単な所は避けて置いた方が良いでしょう。

インプラント治療はインプラントを入れて、人工歯を作製したら終わりという事ではありません。

定期的にメインテナンスをする為に通う事にもなりますので、他の部分も丁寧に診察してくれる歯科医院がおススメです。

【格安インプラントの注意点まとめ】

この様にインプラントが安いのには理由があります。
価格が安いからと言って飛びついて失敗してしまったという事にならない様に、チェックしておいた方が良い所を確認して、大丈夫な場合に治療をすると良いでしょう。

またインプラントを検討していてカウンセリングに行く場合には、どの様な事を確認したいかメモに取っておいてからカウンセリングに行くと歯科医師にも伝わりやすくおすすめです。