インプラントが保険適応できる場合

インプラント治療は基本的には自費の治療で歯科医院ごとに異なってきます。
しっかりと噛む事が出来る様になりますし、他の歯に負担をかける事無く、見た目のキレイさも手に入れる事が出来ますが、平均的に1本30万円程度なので高額な治療になると言えます。

そんなインプラント治療が限られた条件にはなりますが、一定条件を満たすと保険が適応になる場合があります。

それではどの様な場合にインプラント治療が保険適応になるのか詳しくご説明します。

【インプラントの保険適応】

インプラントは2012年までは完全に自費の治療のみでしたが、厚生労働省の認可により、一部の症例でインプラントが保険適応される事になりました。
それでは具体的にどの様な場合に保険適応されるのでしょうか?

〈どんな場合?〉

・顎の骨が3分の1以上連続して欠損している事や形成不全の状態にあり、医科の医師の診断で先天性のものであると診断された場合。

・腫瘍や顎骨骨髄炎などの病気や事故の外傷によって広範囲にわたり※顎の骨を失った状態。

※上顎の骨が3分の1以上連続して欠損しているもしくは上顎洞または鼻腔と繋がっていると診断されている事。

下顎の骨が3分の1以上連続で欠損している、もしくは腫瘍などの病気によって下顎を切除したと診断される事。

この様に保険が適応されるのは外傷や腫瘍、顎骨骨髄炎などの症例です。
歯周病になってインプラント手術を選択した場合や、入れ歯では噛みにくいからインプラントにしたいという場合には残念ながら保険適応にはなりません。
また、保険が適応になっても治療を受ける事が出来る施設にも制限があります。

〈保険治療を受けられる施設〉

・病床(ベット)数が20床以上完備している病院であること。
・歯科あるいは口腔外科で治療経験5年以上、インプラントの治療経験が3年以上の歯科医師が常勤で2人以上配置されている事。
・当直体制が整備されている事。
・国が定めている医療機器や医薬品の設備が配備されている事。

この様に、保険が適応され為には限られた条件と、更に治療を受ける事が出来る施設も限られた所でしか受けられない条件になっています。
地域によっては大学病院に通院をする事が難しい場合もあるので、保険の治療でインプラントを行うのは、ハードルが高いと言えます。

〈交通事故のケース〉

交通事故に関しても、外傷には含まれますが、3分の1以上が連続で欠損している事が条件になってくるので、当てはまるケースは多くないと言えます。

また、交通事故では自分の保険では無く、加害者の保険を使用する事になるので、保険適応では無いインプラント治療は請求をする事が難しい場合もあります。

その他の選択肢として保険の入れ歯やブリッチがあり、インプラントは審美性や機能性は優れていますが、保険適応外という事もあり、交通事故で失った機能回復に対して治療の範囲を超えてしまっていると判断されるケースがあるからです。

その場合には入れ歯、ブリッチ、インプラントのメリットやデメリットを比較してインプラントが必要ということを歯科医師の診断のもと、証明してもらう必要があります。

もし、交通事故でインプラントが認められた場合には、手術の費用だけでは無くメインテナンスも賠償の対象になってくるので、確認しておいた方が良いでしょう。

【民間の保険】

先進医療特約でインプラント治療が入っている保険も無くはないのですが、ほとんどの症例で対象にはならない場合が多いです。

虫歯や歯周病で治療が必要になった場合や入れ歯が合わなく、インプラント治療で改善したい場合には難しいです。
そんな中でアメリカンエキスプレスのマイデンタルという保険は珍しく、
自由診療のセラミック治療でも3万円程度カバーしてくれますし、インプラントでも10万円程度カバーしてくれる場合があります。

ただ、以前治療して再治療で被せ物をする場合などは対象にはなりませんので、注意が必要になってきます。

条件としては、アメリカンエキスプレス会員が入る事が出来て、無料付帯ではありませんが、40歳男性の場合標準プランで2300円の月々の支払いになります。

そして、加入してから90日は適応にはならなかったり、加入時に治療中に所は対象にならないなど条件はありますが、歯科の保険の条件より適応される場合があるので、気になった方は確認してみる事をおススメします。

〈まずは歯科医院で相談を〉

交通事故でインプラントが適応になるには、色々な条件がありますが、歯科医師による診断も必要です。
更に、骨の状態を確認して、インプラント治療自体が行う事が出来るかどうかも確認が必要です。

交通事故の外傷以外に、歯周病になっていて骨の状態が少なく、インプラント治療が難しい場合もありますし、持病などの全身疾患でインプラントが難しい場合もあります。

まずは歯科医師に相談してどの様な治療が最適か相談し、快適なお口の環境を取り戻す為に選択肢を増やす事が出来るかどうかも判断する事をおススメします。