インプラント治療の不安を軽減できる静脈内鎮静法とは?

歯科治療に対する不安や痛みのストレスがあって治療を躊躇していませんか?

無痛治療を目指している歯科医院が多くなり、歯科の治療は日々改善されていますが、歯科治療に対して不安を抱く人も少なくありません。

小さい頃に受けた治療に対してのイメージで、音に対する恐怖心や痛みに対する不快感が消えることなく、治療をすることが苦痛になってしまうことがあります。

特に外科手術を伴うインプラント治療は通常の虫歯治療より時間がかかることも多く、麻酔で痛みはないのですが、不安や恐怖心で患者さんの大きなストレスになってしまうこともあります。

そんな時には眠った様な状態で治療することができる『静脈内鎮静法』という方法があります。

そこで今回は『静脈内鎮静法』について詳しくご紹介します。

 

【静脈内鎮静法とは?】

静脈内鎮静法とは鎮静薬や抗不安薬を点滴して、歯科治療に対する不安や恐怖心や和らげてリラックスした状態で治療することができる『鎮静法』です。

『歯医者が怖い』『歯科治療が苦手』な方でも眠っている様な状態で、意識が完全になくなることがなく、恐怖心や不安感を感じること無くリラックスした状態で治療を受けることが出来ます。

特にインプラント治療は局所麻酔をするので、痛みを感じることはないですが、お口を開けている時間が長くなる場合も多く、骨をドリルする音などが聞こえてしまうので、不安になってしまうこともあります。

そんな時の静脈内鎮静法を行うと健忘効果も期待することができるため、『寝ている間に終わってしまった』と感じる方も多くいらっしゃいます。

 

【静脈内鎮静法がおススメの方】

 ・嘔吐反射(吐き気)が強い方

お口の中に器具が入ってしまうだけで吐き気が出てしまう方もいます。

意識しても中々改善することが難しいので、静脈内鎮静法を行うと眠った様な状態でリラックスして治療を受けることができるので嘔吐反射を防ぐことが出来ます。

 

・高血圧や心臓病などで治療のストレスを軽減したい場合

歯科に対する緊張や不安が強くなってしまうと血圧が上がってしまうことがあります。

高血圧や心臓病の人では血圧が上がると体に負担になってしまうので、血圧が上がらない様に静脈内鎮静法で緊張や不安を取り除いてあげます。

 

・大きな手術を行う場合

大きな手術を行う場合には長時間になることが多く、音や振動がストレスになってしまうことも少なくありません。

眠った様な状態で治療を行うことができる静脈内鎮静法は健忘効果もあるので、安心です。

 

【静脈内鎮静法が適応ではない方】

 ・使用する薬剤に過敏症のある方

ベンゾジアゼピン系の薬品を使用することが難しい『急性狭隅角緑内症』『重力筋無力症』は適応することができません。

 

・妊娠初期・妊娠している可能性のある方

妊娠初期は体調が安定しないことも多く、できるだけ薬を使用することは避けた方が良いとされています。

お口の状態にもよりますが、歯科治療も安定した時期になってから治療することをおススメしています。

 

・優先するべき重篤な全身疾患がある場合

インプラント治療より先に優先するべき全身疾患がある場合には、その治療を優先して治療が落ち着いた段階でインプラントを進めていきます。

 

【他の麻酔との比較】

 〈笑気吸入鎮静法〉

笑気吸入鎮静法は鼻から笑気ガスを吸入して、リラックスした状態で治療を受けることができる方法です。

静脈内鎮静法と同じく、意識が無くなるわけではありませんが、効果に個人差があります。

吸入するだけで鎮静できるメリットやリカバリーに時間がかからないことがありますが、効果が出にくい場合もあります。

また喘息がある場合や呼吸器疾患がある方には適応することが出来ないなどのデメリットもあります。

 

〈全身麻酔〉

 治療本数がかなり多く、治療困難な部位で長時間手術に時間がかかり、歯科に対する恐怖心がかなり強い場合に使用することがあります。

メリットとしては、意識が全くないので恐怖心や不安を全く感じることがなく治療をすることが出来ます。

またお口を長時間開けると負担になってしまうことがありますが、その心配もありません。

ただ、デメリットとしては、全身麻酔は麻酔の管理をする麻酔科の医師が必要なこともあり、治療を受けることができる歯科医院は限られてきてしまいます。

また、麻酔が覚めるまでのリカバリーに時間がかかることもあり、入院の必要がある場合も多く

費用も高くなってしまうことがあります。

 

【まとめ】

 

無痛治療や歯科に対するストレスを減らして治療してもらう為に力を入れている歯科医院

が多くなってきています。

その中で静脈内鎮静法を行うことで不安や緊張を取り除いて安心して治療することが出来ます。

特にインプラントは外科手術を伴うので、リラックスした状態で治療を受けることができるのは大きなメリットです。

歯科医院によって静脈内鎮静法を行うことができる所とそうでない所があるので、気になった場合にはHPなどで確認して相談してみましょう。