インプラント手術に関する痛みと対処法とは?

インプラント治療が気になっていても『痛いのではないか?』と思って治療を躊躇していませんか?

インプラントは手術をするので、手術と聞くと大掛かりなイメージでどの様になるか分からないことで、不安になってしまい、治療に踏み出せないでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はインプラントの痛みに関しての詳しくご説明します。

 

【手術中のインプラントの痛み】

手術中は局所麻酔をしてインプラント手術をするので、『ほとんど痛みがなかった』という感想を持つ患者さんがほとんどです。

インプラントは骨にドリルで穴を開ける手術なので、痛みが出そうなイメージがありますが、麻酔でコントロールするのでほとんど痛みがありません。

また麻酔が切れた後も痛み止めを服用することで痛みをコントロールすることが出来ます。

 

手術中は痛みよりドリルの音が気になったという方もいらっしゃいますが、不安や緊張が強い場合には、眠った様な状態で治療を受けることができる『静脈内鎮静法』を行っている所もあるので音や痛みに強い不安感がある場合には相談してみましょう。

 

 

【手術後のインプラントの痛み】

インプラント手術後は歯ぐきや切開したり、縫合したりするのである程度痛みがある場合があります。

インプラントの本数や痛みを感じる程度は人によって個人差があるので、必ず痛みがあるということではありません。

 

通常は痛み止めを服用することで落ち着いてきますが、インプラント後の痛みや腫れの程度はお口の状態によっても左右されるのでかなり個人差があります。

 

【抜糸する際に痛みが出る場合もある】

インプラントをして1週間~10日程度経つと抜糸をすることがあります。

通常抜糸は麻酔をしないので、チクチクした痛みがあることがありますが、注射する麻酔よりは痛みが少ないことが多いです。

痛みに不安がある方は表面麻酔のお薬を塗布することもできるので聞いてみましょう。

 

【インプラント手術をするための骨場合】

① 自分の骨を移植するケース

インプラント治療をするために骨が足りないと自分の骨を移植する場合があります。

他の部分で骨が多い所から骨を採取して、足りない部分に移植していきますが、採取した部分が痛むことがありますし、移植した部分も痛みが出ることがあります。

 

インプラント自体に痛みがあることは少ないですが、骨を増やす手術を追加することで痛みが出てしまうことがあります。

 

② 人工骨を移植するケース

人工骨を移植する場合には、自分の骨を移植する場合と違い、手術箇所が1か所で良いので、比較すると痛みが少ないケースが多いです。

ただ移植する際に歯ぐきを切開したり、人工骨を移植するので、痛みが出る場合もあります。

 

 

【痛みを抑える対処法】

① 痛みがある場合には冷やしましょう

 術後の痛みは痛み止めで緩和される場合がほとんどですが、骨移植をした場合などでそれでも痛みがあることがあります。

そんな時には患部を冷やしてあげると、その部分の血流が抑制されて痛みが落ち着いてきます。

手術後の痛みの原因は血流が良くなりすぎて腫れてしまうことがあるので、血流のめぐりが良くなってしまう、運動、お風呂などもひかえましょう。  

 

② 刺激のない柔らかい食べ物を食べる

 インプラント手術後は、縫合はしてありますが、傷になっている状態です。

そのため、辛いものや熱いものなどは避けて刺激が少ない食事がおススメです。

またかたい食べ物を食べるとまだ骨と定着していないので、負担になってしまいます。

特にインプラント手術後は柔らかい食べ物から徐々に初めていくと負担にならず、痛みも出にくいのでおススメです。

 

③ タバコ・お酒は避けましょう

タバコのニコチンは血流が悪くなってしまい、傷の治りが悪くなってしまいますし、骨の定着にも影響を与えてしまうことが分かっています。

タバコはインプラント手術をする際にはできるだけ控えてもらうことで痛みのリスクを減らすことが出来ます。

 

また、インプラントの手術後にお酒を飲むと血のめぐりが良くなりすぎて腫れやすかったり

痛みが出やすくなってしまうので、タバコやお酒を控えて痛みが出にくい様にしていきましょう。

 

 

【まとめ】

手術というと大掛かりで痛みが伴いそうなイメージがありますが、インプラント治療の手術は麻酔をしているので、痛みを感じない人がほとんどです。

 

その後の治癒過程で少し痛みがある場合がありますが、その時には痛み止めを服用して対処することが出来ます。

 

インプラント治療をするための骨を増やす処置の方が腫れたり、移植する骨を採取した部分が痛むことはありますが、一時的な痛みです。

 

インプラント治療をすると、見た目も自然でしっかりと噛むことができて食事の時のストレスが少ない治療です。

 

その後のメインテナンスでしっかりとケアしてあげると『第2の永久歯』として長く使用することができる治療なので、痛みがあるのでは?と躊躇せずに治療にチャレンジしてくださいね。